生命保険金の見直し

生命保険金の見直し

生命保険の保険料って、
できることなら払う金額を
減らしたいと思いませんか?

 

車や住宅ローンに続く
大きな支払いですが、
見直し方によっては?

 

携帯代ぐらいにまで抑えることだって
できますから(´・ω・`)v

 

生命保険を見直す上でよく言われるのが
「保険は三角で考えましょう」
ということ。

 

なんのこっちゃ?
と思うかもしれませんので、
簡単に説明します。

 

 

必要補償額は年々下がる

 

生命保険が最も必要な時期って、
結婚して子供が生まれた時ですよね?

 

ここに関しては異論はないはずです。

 

ただ、子供が成長して自立した場合などは、
高額な死亡保障は必要なくなりますよね?

 

だから、本来は年齢が高くなるほどに
補償額を下げて、
保険料も減らしていくのが理想です。

 

 

四角の保険は無駄

 

ここでチェックしてほしいのは、
「補償額が加入時と変わらないものを
選んでしまっていないか?」

ということ。

 

これ、典型的な無駄な保険の例です。

 

ちなみに、数字で考えるとさらにインパクトありますよ。

 

一例を出すと、こんな感じです。

 

・四角い保険の保険料 月々5,000円

 

→年間で6万円。25年支払うと150万円です。

 

・三角の保険(必要補償額を段階的に下げる) 月々2,000円

 

→年間で24,000円。25年で60万円。

 

その差は?
なんと、90万円にもなりますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ま、これは一例なので数字もざっくりですが、
生命保険を見直す価値がある
ということがお分かりいただけたのでは
ないでしょうか?

 

図表イラストで保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”⇒保険マンモス!

生命保険金の見直し関連ページ

生命保険の内容はムダが多い?
生命保険の内容は無駄な部分も多いです。そこを見直すことによって?驚くほど保険料が安くなる可能性もありますよ。
生命保険の原価
生命保険の原価っていくらなのでしょう?たしか、ライフネット生命あたりが公開していた気がします。当然保険料がお得なのも?ライフネット生命などネット生保です。
生命保険の下取り転換は損をする?
生命保険の下取り転換は?やってはいけないことの一つ。損をする可能性が高いですから、決して即決しないで必ず保険のプロのアドバイスを求めましょう。
ボーナスつき生命保険
保険と貯蓄(貯金)は分けて考えるようにしましょう。なぜなら?ボーナスつきの保険って、よくよく調べてみると決してお得ではないからです。
保険金の額
生命保険の保険金の額って、適切な額を選んでいる人って案外少なかったり。一度見直してみませんか?
毎月保険金がもらえる生命保険
保険の見直しをするなら?保険金のもらわれ方にも注目してみましょう。理想的なのは?一括で支給されるものではなく、毎月支給されるタイプの生命保険です。